\こんなお悩みを解決しています /

  • 住宅ローンの支払いがつらい。
  • 住宅ローンを滞納している。
  • 裁判所から競売開始決定通知書が届いた。
  • 裁判所から調査官が来た。
  • 税金滞納による差し押さえをされた。
  • 競売で家を手放したくない。
  • 離婚後の共有名義を解消したい。
  • 離婚後のローン滞納をなんとかしたい。

あなたの今の状況は?

・滞納になりそう、滞納が一度の場合

滞納の初期段階の場合は、ファイナンシャル・プランニングによる家計の見直しで滞納が解消できるかもしれません。

・滞納が複数回又は裁判所から通知が届いている場合

競売が始まり強制的にご自宅の売却が始まります。一刻も早い任意売却をおすすめいたします。

ワンポイントアドバイス

住宅ローンの滞納をほったらかしにしておくことが最も危険なことです。
「問題をきちんと受け止めればよかった」「もっと早く相談すれば良かった」と、これまでにご相談をいただき無事に問題解決された方々は、皆様がおっしゃいます。
もし、問題やお悩みがあれば、できるだけ早く専門家へ相談することをおすすめいたします。

滞納や差し押さえが続くとどうなる?

あなたが住宅ローンの滞納をしてしまったり、市民税、固定資産税等の差押えを受けた場合、そのままにしておくと、債権者(金融機関等)が担保不動産を競売に申立てを行います。
競売になったら、あなたの住まいは、自分の意志と関係なく売りに出されてしまいます。入札により一番高い値段を付けた人が購入の権利を得ます。いくらで売れようと、代金はすべて借金の返済に充てられるため、あなたの手元には一円もお金が入りません。

しかも、競売では、一般的な市場価格の6~7割の価格で売れることがほとんどなので、家を失った後もなお、たくさんの借金が残ります。
また、引渡の時期も裁判所は売主のことは一切考慮しないので、子供の学校の都合などに関係なく退去させられてしまいます。このように、経済面だけでなく、自由がなく非常に精神的に負担が重くなるのが「競売」になります。

ワンポイントアドバイス

競売になると競売物件としてご自宅はインターネットや裁判所の情報に掲示されます。どんな方が落札者になるのかもわかりません。精神的に深い傷を負うことになります。大切なのは、これからの人生、将来のことです。ですから、できるかぎり競売だけは避けていただきたいのです。

任意売却と競売の比較

任意売却とは?

任意売却とは、債務者(所有者)がローンを支払えなくなった場合に、債権者(金融機関・保証会社等)の合意のもとで、所有者の意志に基づいて市場での適正価格にて、自宅などを売却することです。

万一、競売になってしまうと所有者の意志には関係なく強制的に売却処分されますが、「任意売却」は、所有者の意志(任意)で売買することが可能になります。

三河地方の任意売却窓口 

任意売却 3つのプラン

1.売却プラン

2.買い戻しプラン

3.リースバックプラン

1.売却プラン

こんな方にお勧めです
・債権者との話し合いがうまくいかなかった
・引っ越して心機一転がんばりたい
・まとまった資金が欲しい…など

2.買い戻しプラン

こんな方にお勧めです
・絶対物件を手放したくない
・援助してくれる身内がいる

3.リースバックプラン

こんな方にお勧めです
・売却しても住みたい
・家賃なら払える

ワンポイントアドバイス

現金の手出しは必要ありません。

任意売却の費用は、銀行などの債権者が必要経費として認めてくれるためご自宅の売却価格から差し引くことが可能です。
このため原則として、ご相談者の方には、仲介手数料や登記費用などの諸経費をご準備頂く必要はありません。
また引越費用、税金や管理費等の滞納についても必要経費として差し引くことができるケースがほとんどです。

ちなみに競売になってしまうと費用はすべて自己負担です。

だから、任意売却をお勧めいたします

競売に強い不動産FPが迅速に対応致します。

いつでもご連絡ください。0566-70-9014受付時間 8:00-22:00
[ 毎日繋がります ]

メールでのお問い合わせはこちら

任意売却のご依頼に着手金などの現金のご用意は不要です。

初動が早いほど、任意売却が成功する可能性が高くなります。手遅れになり競売になる前に、「競売に強い不動産FP」へご相談下さい。

FAQ よくあるご質問

住宅ローンの残高が残っても売却出来ますか?

債権者の合意があれば可能です。

任意売却は債権者との話し合いが中心です。

残った債務については、返済義務がありますが解決策もございます。

マイホームを手放したくありません。任意売却以外の手はないのでしょうか?

任意売却は最後の手段です。弊社の不動産FPのアドバイスにより、売却せずに解決できたケースもあります。ご相談が早いほど良い解決策が残りますので、まずは一度ご相談下さい。

そのまま住んでいられる方法はないのでしょうか?

リースバック、親族間売買などが、条件がそろえば出来る可能性があります。

任意売却のメリットを教えて下さい。

競売よりも高値で売却できるので、残債が減ります。

また、引越し費用などのプラスαが得られるケースがほとんどです。

強制退去するわけではないので、精神的、時間的余裕が出来ます。

遠方の任意売却専門会社との違いを教えて下さい。

任意売却を専門にしている会社は手続きに関して安心できます。

金融機関、裁判所へ提出資料の作成、債権者との交渉、税金、管理費等の滞納の処理など一般の不動産会社で経験が浅いと時間がかかったりうまくいかなかったりすることもあります。

遠方の会社との大きな違いは、買主様へのご対応と、販売戦略です。

遠方の会社の場合は「物件を見たい」というお客様がいても直接ご対応する機会はあまりありません。現地の不動産会社に依頼するか、日程調整が必要です。

また販売戦略について、業者間のポータルサイトに掲載し、販売は現地の不動産会社に任せるところも多いです。

販売まで出来ないと任意売却は成功しないので、見過ごせない点です。

解決事例

  • 「やむを得ない事由による売却」

    岡崎市で市街化調整区域にある一戸建ての売却のご相談を頂きました

    本日は市街化調整区域でも高値の売却を諦めないで!という内容です。

    市街化調整区域とは、ごく簡単に言うと農家の方以外が居宅を建てられない地域です。
    そのため、ご売却となるとご近所の農家の方ぐらいしか買い手がなく、売却するのはかなりの難易度です。
    また、売却できる金額も近隣の宅地の20~30%、買い手がいないのでもっと下がることもよくあります。

    ただし、いくつかの例外に当てはまれば農家の方以外でも建築ができるので、買い手も見つかりやすく売却価格も近隣相場近くになることがあります。

    「やむを得ない事由による売却」

    住宅ローン滞納など、金銭的な理由で競売になりそうな場合、「やむを得ない事由による売却」という特殊なパターンに当てはまることがあります。

    これには、売主の「やむを得ない事由」と買主の「住宅を取得する必要性」などいくつかの条件を満たすことが必要ですが、該当すれば、農家の方でなくても購入できます。
    ただし要件は結構色々あるので、必ず役所や専門家にご相談することをおすすめいたします。

    やむを得ない事由による売却が実現すれば、買い手の数がぐっと増えるので売却自体に希望が持てますし、売却価格もかなり改善されるはずです。

    市街化調整区域でお困りの方はいまいFP不動産に一度ご相談ください。
    良い方法がご提案できるかもしれません。

  • アパート経営の空室が増え赤字経営に

    建築したアパートの築年数が経ち、空室が目立つようになりました。修繕費などの収入を支出が上回るようになり、何とか埋め合わせをして頑張ってきましたが、いよいよアパートローンの返済が出来ないところまで追い込まれてしまいました。

    アパートの査定価格は2800万円、ローンの残債は3400万円でした。債権者と交渉し、2800万円で売却することに応諾してもらいました。投資用物件の買取会社に情報提供し、2800万円での購入先が見つかりました。残債については、アパートローンの金額だけならご収入の中から無理なく支払える金額でしたので、安定した生活を取り戻すことが出来ました。

  • 住み慣れたマイホームに住み続けることに成功

    夫婦共有名義のマンションで、支払滞納に陥りました。競売開始決定通知書が届き、このままだと家は競売になってしまう状況となりましたが、住み慣れたマイホームに住み続けたいとのことでリースバックをご希望でした。

    まずは、支払っていける賃料と債務の完済が出来る条件を計算し、リースバック取扱会社へご提案。定期借家契約し、無事に家の家に住み続けられることとなりました。

  • 収入減で住宅ローン返済が困難に。債権者との交渉で任意売却の応諾を得て競売を回避

    給料減の末にリストラされ、家族とも別離。住宅ローの滞納が続き、裁判所から「競売開始決定通知書」が届きました。

    債権回収会社と交渉。任意売却の応諾を獲得しました。「もう無理だ…」と思ってらっしゃったようですが、諦めずにご相談いただいたことで未来が拓けました。

いつでもご連絡ください。0566-70-9014受付時間 8:00-22:00
[ 毎日繋がります ]

メールでのお問い合わせはこちら