「やむを得ない事由による売却」

岡崎市で市街化調整区域にある一戸建ての売却のご相談を頂きました

本日は市街化調整区域でも高値の売却を諦めないで!という内容です。

市街化調整区域とは、ごく簡単に言うと農家の方以外が居宅を建てられない地域です。
そのため、ご売却となるとご近所の農家の方ぐらいしか買い手がなく、売却するのはかなりの難易度です。
また、売却できる金額も近隣の宅地の20~30%、買い手がいないのでもっと下がることもよくあります。

ただし、いくつかの例外に当てはまれば農家の方以外でも建築ができるので、買い手も見つかりやすく売却価格も近隣相場近くになることがあります。

「やむを得ない事由による売却」

住宅ローン滞納など、金銭的な理由で競売になりそうな場合、「やむを得ない事由による売却」という特殊なパターンに当てはまることがあります。

これには、売主の「やむを得ない事由」と買主の「住宅を取得する必要性」などいくつかの条件を満たすことが必要ですが、該当すれば、農家の方でなくても購入できます。
ただし要件は結構色々あるので、必ず役所や専門家にご相談することをおすすめいたします。

やむを得ない事由による売却が実現すれば、買い手の数がぐっと増えるので売却自体に希望が持てますし、売却価格もかなり改善されるはずです。

市街化調整区域でお困りの方はいまいFP不動産に一度ご相談ください。
良い方法がご提案できるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。